動きやすい、痛めない奏法を身につけるために

新しい動きの神経回路を作ります。

このような方に

腱鞘炎、腕や肘などに痛みがある方

思うように弾きにくい、ミスが多い方

道具の持ち方を変えたい方

局所性ジストニア

 声が出にくい、喉を痛めやすい方

※プロの方が対象ですが、一般の方でもジストニアや発声障害等医療で解決できない方は対象とします。

奏法改善でのポイント

 体から末端まで負担がない動き方

体幹の改善;手を自由にするため腕が動けるよう肩の動きにくさや呼吸など

パーツの動きやすさ、手首の角度、指が接する角度など

● 動きやすいパーツで正確な音を出す

力まず動きがいい状態で音を確認しながら、正確な音を正確なタイミングで出す練習

時間をかけて動きの神経回路を作る

動きの神経回路、神経細胞のネットワークは数週間という短期間ではできません。

新しく高度な神経回路を作るには、長期間練習してネットワークを強くします。

奏法改善のメリット

 音の細かいコントロールができる

 力まず俊敏な動きができる

 疲れず故障を回避、治癒できる

 ミスしにくく、演奏技術を磨きやすくなる

メール講座

5回のメールと動画で、音楽家向けパーソナルトレーニングの説明と、その結果より望ましく活動していけることについてお伝えしています

体やメンタルについて、音楽家において大事なポイントをお届けします。

(無料)

ご登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *
パート  * パート別案内受け取り

 

体指導のページ

メンタルのページ

  パーソナルトレーニングご案内ページ

ページトップへ戻る▲