手指が動きにくい状況

以下の状況でも、本人に自覚はありません。

□手首が折れていて運指しづらい
ギター、ベースのネック、サックス、鍵盤で甲側へ折れている

□前腕から親指側を伸ばした状態で、他の四指が運指しづらい
サックス、ネック、指弾き、ピアノ

□親指に力が入っていて、他の指や手首が動きにくい
ネック、指弾き、ピック、弓、スティック

□楽器や道具に力をいれている
手首の柔軟さが失われ指や腕が動きにくい、弦や表面が振動しない

□ギター、ベースのネックを手に負担させる
指と腕が自由でない

□巻き肩
肩が体の前に丸まって出て、腕がねじれるので運指しにくくばたつく
バイオリン、ビオラ、ギター

□体の他の部分に力が入っている

≫ ピアノ,キーボード ≫ ギター,ベース

≫ ドラム,打楽器 ≫ 弦楽器   ≫ 管楽器

自分の姿勢の悪さに気づかないように、自分の手の力みや弾きにくい奏法には気づきません

手が動きにくいまま練習を繰り返すことで、動きにくい奏法を育てます。

動きにくい、腕が疲れるなど、原因は力不足ではありません。

自分では気づかない動きにくさを取り除いて、動きやすさから本当の技術が向上=実力がつきます。

無駄な力で、疲れや痛みを抱えたり腱鞘炎になる心配もありません。 

 

肩こり

肩こりは肩辺りの筋が、かたくなった状態です。

筋肉は動かさないでいるとかたくなり、動かすと軟らかくなる性質があります。

人は、5k以上ある重い頭を上に載せ、腕も片方数kの重みをぶら下げています。

下を向いて首肩の後ろ側を引っ張っていたり、PC画面などを見て頭を固定して動かないでいると、かたくなります。

また手に力を入れると、腕や肩までかたくなります。

なので演奏や歌で手が力むと、肩がこりやすいです。

よくない姿勢や首肩の力み、かたさは、空気の通りやすさや鼻のど、声帯の振動の邪魔をし、余計力んでしまいます。

こると悪循環なので、こらないように先手を打ちましょう。 

こり対策

◇演奏前に適切なウォーミングアップ 
◇バランスのとれた姿勢

◇PCモニターや譜面を目の少し下くらいまで上げる
◇こまめに休憩、軽いストレッチ
◇バイオリンやフルートは首を引っ張らず楽器側をゆるめる
◇楽器の適切な位置、適切なストラップ、指板をのぞき込まない
◇力で吸わない、吹かない、手を動かさない

「こり解消特集」

ピアノやギターなど演奏での肩こり解消、予防ストレッチ 】

きつく引っ張らずに、ゆっくり気持ちいいテンポでやるとほぐれます。

腰痛改善

簡単なストレッチで腰痛は改善します。

腰は体を使う際の要です。
重い上半身を支え、足を動かす役割をしています。

腰が痛いと、自分を支えれず立つことすら困難になります。
姿勢がよくてもかたいと、腰痛を起こしやすいです。

マッサージなどに頼ると一時的には改善しても、あまり動かさないでいると年齢とともにかたくなります。

腰痛に世界的に実績のある「マッケンジーエクササイズ」がもとで、簡単でギックリ腰からでも始められます。

一例ですが、うつ伏せから肘をついて上半身を起こしたり仰向けでゆっくり膝を抱えるなど、簡単な動きをリラックスしてやります。

ただ柔軟さを目指すのではなく、力強さのある必要な可動性をつけることで、より手足が動きやすい体を目指します。

運動効率が上がり演奏での動きや呼吸もよくなります。

「音楽家の腰にくるチェックリスト

【ギックリ腰で動けないときの改善方 】

音楽家の運動、動き ー歌や演奏しやすい体

パーソナルトレーニング



メルマガ登録
            

ご質問ご相談は ≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

ページトップへ戻る▲