「肩こり、腰痛で毎日ヘトヘトだったのに、こんなに動きやすくなるなんて!

手まで動きやすくなってびっくり!!」

 

きつい運動を頑張ったり特別な所へ通わず、

簡単なやり方で歌や演奏しやすい体に。

自分でできる動画講座】をご紹介します。

・腰痛やギックリ背中で、痛くて歩くのもしんどい、息が出せない

・演奏してると肩こりがひどくて辛い、思うように弾けない、本当はもっと弾けるのに

・コルセットをはめて演奏すれば楽

・疲れやすい、夜には足がヘトヘトになってしまう

・筋トレやストレッチをやっている、でも腰痛、肩こり

・ほぐしグッズを検索してはポチる

・いい整体やカイロを探して通い、頼りにしている

 

気づかないうちに

背中に痛み、かたさがあると、体幹やパーツが動きにくく、歌や演奏で余計な力を使います。

動きにくさに気づかず実力を発揮できていません。

動きにくいから、自分の体や奏法はこうだからと決めつけてしまいます。

 

仕方がない、誰かがよくしてくれると考えていると、ますます動きづらくなり、

しんどい思いをしながら整体や病院に通い、医療費を払い続ける羽目になりかねません。

なぜ、腰痛、肩こりはよくならない?

人はかたさを自覚しない

人は自分のかたさ、姿勢が悪いことを自覚しません。

私たちは、痛い痒い、熱い冷たいというのは、危険としてサインを受け取ります。

でも、かたさ、動きにくさ、力みは危険として感じません。

 

かたさや姿勢が悪いことを自覚しないまま、コリや張りを起こし、痛くなったり動きにくくなります。

背中や肩がかたいと、肩から腕が動きにくく、手が自由に使えません。

動きにくさに気づかず、歌や演奏の邪魔をされ、実力を発揮できません。

 

動きにくいと「力が足らないんだ」と考えてしまいます。

よけれと思ってやっていることが、逆効果なこともよくあります。

腰が悪いから運動しない、コルセットをはめたままだと、ますますかたさが増します。

 

運動、ストレッチが適切でない

音楽家の場合、筋力アップやストレッチは、必ずしもパーツを動きやすくするのにつながりません。

筋トレは一部分の筋力を鍛えます。

腕立てであれば上腕の筋や大胸筋、腹筋運動であれば腹直筋を鍛えます。

 

部分的に筋肉が収縮しやすくなると、体側から末端へ連なる動きや、動きのコントロールがおかしくなります

歌や演奏で欲しい「自然な動き」でなくなります。

運動をしているけど腰痛、肩こる人は、その運動が功を奏してないから現状があります。

 

対症療法より根本

腰痛や肩こりになってするマッサージやストレッチなどは、症状をやわらげる対症療法なので、根本的な解決をしません。

根本的な解決は、腰痛や肩こりを起こしにくい体になることです。

 

座ると足を組んだり股を開いてしまう人が、クセを直そうと思ってもなかなかできません。

条件反射のようなクセですら、変わりにくいです。

体の状態が質的に変わるためには、それなりのやり方と期間が必要です。

 

ただ運動しても変わりにくい

腰痛や肩こりを起こす体、元の姿勢の改善は、簡単には変化しにくいところです。

姿勢をよくするストレッチやエクササイズがあります。

表面的に筋骨格を変えるだけでは、一時的には効果が出ますが、長期的には変わりづらいです。

音楽家の腰痛、肩こりを防ぐ

体はトータルで動く

手が動くとき、腕が手を誘導していて、腕がつく体は足腰の支えがあります。

音楽家にとって腰痛や肩こりだけの問題でなく、パーツを動かすのに影響します。

奏法も、直接楽器に触れるところだけの問題ではなく、体の状態から動きやすさが左右されます。

 

音楽をするのに望ましい体になる

音楽家が歌や演奏しやすくなるには、気づかないかたさや力みを排除する必要があります。

腰痛、肩こりのない体は、体幹がかたくなく連なるパーツの動きの抵抗をなくし、パーツを自由にします

動きを根本からよくします。

 

腰痛、肩こりをよくしていくには、上半身がほぐれていて下半身がちゃんと動けるようにします。

体やパーツの動きが軽く、歌や演奏での力みを遠ざけます。

体が安定して動きやすく、歩く衝撃を吸収するので、疲れにくくなります。

 

体はいい動きをすることでどんどん身体能力がよくなり、技術や様々な能力が向上します。

ミュージカルダンサーの発声がいいように。

動きがよくなると、感覚が活きやすく、音楽など様々な能力が向上しやすくなります。

 

人の体はみんな共通しています。

世界的な音楽家もオリンピック選手も造りはほぼ同じで、二本足で重力に抗って動きます。

誰でも動きやすくなります。

もともと人間は、地上で動くようにできていますから。

自分を支えて動きやすくなる運動は、簡単なもので十分です。

 

腰痛や肩こりを遠ざけるには、動きを変えることです。

痛みを起こす体の人が、今までと同じ動きで運動しても変わりません。

腱鞘炎やジストニアの人が、そのままの動きでスケールを繰り返しても改善しないのと同じです。

そのままの体で運動することではなく、動きをコントロールをしてしる神経系にアプローチします。

 

「超簡単、腰痛対策とアドバイス」姿勢もよくなります。

腰痛、肩こりを遠ざけるためには、自分を支えて動きやすくなることです。

体を使って音を出す音楽家だからこそ、自分で動きを取り戻すことは大切です。

自分で体をいつもいい状態にできることが望ましいです。

【動画講座】音楽家のための腰痛、肩こり改善で、あなたも自分でできます。

【動画講座】音楽家のための腰痛、肩こり改善

このような方に

腰痛、肩こり、坐骨神経痛を抱えて演奏をしている

体がかたい、手足が動きにくい、もっと技術を上げたい

ギックリ腰、ギックリ背中をやった

ビリッと電撃様の痺れが足やお尻に走ってヘルニアと言われた

疲れやすい、整体に通いっぱなし

 

あなたに起きる変化

動きが軽くパーツがダイナミックに動き、繊細な動きもできて、メリハリのある演奏ができます

自然な動きになり、リズムにノリやすくグルーブが出ます

落ち着きやすく、メンタルも向上します

無理なく柔軟になります

運動効率が上がって健康やダイエット、見た目もよくなります

70過ぎても現役!遠征や旅行に行ける!意欲的で楽しい!

【動画講座】3ヶ月プログラム

とても簡単な動きやストレッチの動画音声を3ヶ月間お届けします。

ご紹介する内容は、単なるエクササイズ紹介ではありません。

一人でもできるようプログラムされていて、続けることで神経系は変化していき、体が改善されていきます。

 

体の造りや動く原理を活かしてやるので簡単で、時間もかけないのに動きやすくなって効果が出ます。

運動だと「めんどくさい、わざわざ時間をとってやるのが面倒」で続きません。

リラックスしてやるので、「運動しなきゃ」という気構えはいりません。

 

動画は短く簡単な動きですが、やり方のコツもお伝えし、ポイントも記載します。

上半身のかたさをなくし、下半身を柔軟かつしっかり動かせるにようにします。

動画はじめにー体や動きを知ることで、この講座の目的がわかる

(以下順不同)

動画1 立ってやる動きー背中、首、肩の筋肉を伸び縮みしやすく

動画2 座って足ストレッチー簡単に柔軟アップして驚くほど歩きやすく

動画座ってやる動き1ー骨盤から上のかたさをなく

動画脚の簡単な動きー少し動くだけで大きく動く、股関節を動きやすく

動画座ってやる動き2ー体幹のかたさをなくす

動画寝て脚ストレッチー脚を造りどおりに動かして、力が入りやすく

動画7 肩こり解消の動きーほぐしながらかたさをなくす

動画8 骨盤から手先までストレッチー腕の動きの抵抗をなくす

動画首こり解消の動きー左右どちらがかたい方へ

動画10 寝てやる片腰の動き

動画11 足をほぐすー疲れた時でも、脚が軽く

動画12 立って脚ストレッチー下半身が安定すると上半身が軽く

動画13 姿勢ーただ立つだけでいい姿勢になっているか?確認

 

音声、文章

「腰痛肩こり予防、日常生活でのヒント集」

「良かれと思ってやっていることが逆効果」

「世界的な腰痛体操が上手くいかない訳」

「1万歩歩いたら健康を壊す」

「こりや痛みがない体は、理想の演奏をすることと同じ」他

 

動画講座で自分でできる理由

・ご紹介する体操は、キツく難しい運動でなく簡単な動きをリラックスしてします

・特別な場所に行ったり道具は要らず、演奏前や合間、寝る前、疲れた時など、いつでもどこでも気軽にできて習慣化できます。

・たくさんやらなくても、時間や症状に合わせてシンプルに自分にあった動き、ストレッチができます。

・やり始めてすぐに効果が実感できるので、やる気が出ます。

・3ヶ月間メールが送られてくることで継続できて、その後も続けられます。

 

動画講座の配信について

・初回はご購入直後か数日以内にスタートし、週に2本、動きの動画と音声がメールで届けられます。

・動画は、文字でポイントを記載します。

・専用ページにアクセスでき、終了しても何度でもご覧いただけます。


以下のような症状がある方は、対象外です。

・最近の激しい外傷歴(強打、交通外傷等)
・悪性腫瘍の病歴
・進行性の絶え間ない痛み(動作と無関係)
・胸部痛、体の変形
・全身的な体調不良、体重減少、発熱
・長期に渡るステロイド剤使用、免疫抑制剤使用
・排泄障害(排尿、排便障害)、感覚麻痺

料金、お申込

医療人だった私が、テーピングなど療法を始め野口体操、アレクサンダー・テクニーク、フェルデンクライスなど身体技法、

そして、ヨガやピラティス、イチロー選手の初動負荷トレーニングにも通い、“動き”を追求してきました。

腰痛や歩き方はもちろん、脳神経学まで、数千円以上する専門領域の本から学んでいます。

 

私自身、両肩の故障で両手が動かせなくなった後、背中の焼けるような痛みや、腰痛で日常生活すらままならなかったり、多くの故障を経験してきました。

また、世界的に効果が認められている腰痛体操を指導して、劇的によくなった人達の一方、上手くいかない人もいました。

多くの故障やバレエの経験、そしてこれまで多くの音楽家の方を指導してきた経験があったからこそできたものです。

 

価格¥20,000(税別)

スタート価格として9,800 ¥8,900としています。

この価格は鍼やカイロ1、2回程度、しかも、私の体教室に単発を2回参加するより安いです。

整体や病院にヘトヘトになりながら通い、無駄にお金を払い続けることなく、自分で改善できます。

 

お支払いは、銀行振込み又はPayPal支払い(カード分割可)から選べます。

決済直後または入金確認直後〜数日以内に、動画講座が始まります。

 銀行振込みはこちら>

 PayPal(カード)はこちら>

今だけ、特典付き

パーソナルセッション

 

個人セッションをZOOMにて行います。

疑問にお答えしたり、個人の体の具合にあったポイントなどを伝えします。

腰痛や肩こりの原因についても、自分で気づかない日常の中にあることが意外にありますので、探ります。

 

また、終了後に感想を書いていただいた方には再度セッションいたします。

演奏の動画等拝見してアドバイスも可能です。

通常、パーソナルトレーニングの初回相談は¥3万ですので、¥60,000分のプレゼントです。

 

エクササイズ講習、無料ご招待

不定期に行なっている体改善エクササイズ教室(¥6,000)に、ご希望日に1回ご招待します。

これらの特典は4月スタート時点限定です。

最後に

実は私自身、20代からギックリ腰を何度も繰り返して、40代で首や腰椎のヘルニアにもなりました。

両肩も故障して、年単位で手が使えない期間の後も、ひどい肩こりに悩みました。

足を怪我して寝たきりになった後、満足に動けずみじめで引きこもったこともあります。

 

医療系に従事して20年弱、音楽家のトレーナーとして8年ですが、

30年かけて体と心、動き、思考や感情のつながりがわかるようになりました。

故障やバレエ、医学や身体技法、精神面、全ての経験があったおかげで、今、傷める音楽家の方に指導できています。

 

腰痛や肩こり、疲れやすさや音楽での動きにくさを仕方ないとあきらめることはありません。

いくつになっても動きやすくなったり、音楽性が向上したりすることはできます。

音楽でも日常でもいきいきと活動できて、さらにご自分の可能性を開いていくことを願っています。