音楽家の方で、故障や動きにくい方、

より能力を伸ばしたい方が対象です。

 

筋トレやきついストレッチはしません。

簡単な動きで体、動きはしなやかになります。

なぜなら、体を動かしている根本の脳や神経系にアプローチする方法だからです。

誰でも動きやすくなれて、能力や可能性は広がります。

 

こんな悩みを抱えていませんか?

「首や肩のこり、腰痛を抱えてこの先ずっと演奏し続けるのか」

「手、腕が痛いけど、腱鞘炎になるのは楽器柄、職業柄当たり前」

「整体に行く回数が増えて、手を使うだけの演奏が重労働に」

「あがり対策に呼吸法や言葉を唱えたりしたけど、効果がない」

「自分のレベルはこんなもの、世の中上手い人はいっぱいいると思うと自信ややる気をなくす」

 

他にも、以下のような方が対象です。

ジストニア
奏法での動き方を変えたい
技術を高めたい
発声、呼吸しやすくなりたい
腰痛、肩が動きにくい
頚椎ヘルニアからくる痛みや痺れ
ステージフライト、極度のあがり症
人間関係や将来のことで悩んでいる

 

「病気は医者にかかったし、医学で無理なものはムリ。

運動ならちゃんとやってる。

今さら慣れた動きは変えられないし、自分の体はもう仕方ない。

人間そう簡単には変わらないし、このまま私らしくていいんだ。」

でも、できることなら…

音楽を奏でる幸せを体で感じられるて、生きている歓びを感じたい

最高の表現がステージでできて、自分もお客さんも最高に幸せ

自分が心から奏でたい音楽を奏でられて、人と共鳴、共感したい

いくつになっても、芸術的な探求を深めて創造性を発揮したい

自分の人生を思い切り楽しめて最高傑作にして輝かせたい

 

歌や演奏は体現芸術ゆえに、体やパーツが動きやすいことは大事です。

動きやすくなるために筋トレしたり、ストレッチを頑張ります。

音楽のレッスンも毎日欠かさない、なのに

だんだん動きにくくなって、力不足だからもっと筋トレしようとします。

 

身についた動きは変化はしづらいです。

体は大人になると決まった動きを繰り返します。

腱鞘炎やジストニアの人が、そのままの動きでスケールを繰り返しても改善しないように、

今までと同じ動きで運動をしても体は変わりません。

同じ動きで体を動かし続け、惰性運転で新しいことを受け入れられないと、創造性まで失ってしまいます。

 

体も心も変われます

私達をコントロールしているのは、脳をはじめとする神経系です。

以前は、脳の神経細胞は成人したら成長せず、それ以降は衰えると考えられていました。

2000年、大人でも脳の神経細胞は変化するという研究はノーベル賞を撮りました。

脳の神経可塑性(神経細胞が変わること)の研究が進み、人は生涯を通じて脳が変化し、成長できることがわかっています。

神経可塑性の研究の第一人者ノーマン・ドイジは、動き、感覚、思考、感情を通して脳神経系は変化すると述べ、重い障害から外科手術せずに改善した何百ものデータがあります。

 

今までと違う動きや感覚することによって、脳、神経系に働きかけ、動きの神経回路は変化します。

動きにくさや痛みは、神経系から改善することができ、技術を向上したり能力を発揮することができます。

体は脳、神経を介してそれぞれの部位が影響し合うので、動きだけでなく臓器や精神面もいい方向に影響します。

身体や精神がしなやかさと強さを得ると、生き生きとする活力が生まれます。

新しいことを受け入れたり、考え方がより創造的になり、生きる力がみなぎります。

 

パーソナルトレーニングの特徴

私は医学を基に、テーピングなどの療法やいくつもの身体技法、スポーツから”奏でやすさ”を追求してきました。

だけでなく、接触事故で左手が使えなくなったり、肩の故障で右腕が動かなくなったり、ギックリ腰や膝など多くの故障、そしてバレエをやっていたことが欠かせません。

また、PTSDを発症したことによって精神科や最新の神経学、心理学についても学びました。

そうした知識と経験から、あなたも気づいていない身体的な問題、思考やメンタル面も踏まえつつ取り組むことで、能力を伸ばすことができます。

 これこそが、心と頭を包括する体、人間がよくなっていける、音楽家にとってのメリットだと思っています。

 

なので、パーソナルトレーニングは普通のエクササイズやコーチとは違います。

人の体をコントロールする動き、感覚、感情、思考の4点から説明しましょう。

 

《動き》

体は、脳に記憶された動きのプログラムによって、神経が筋肉を動かします。

このプログラムで同じ動きを何万回繰り返しても、体や手の動き方は変わりません。

動きやすくなるためには、プログラムを変える、つまり動きの神経回路を作り変えます。

私の動きの指導は、フェルデンクライス はじめ神経系に働きかける複数の運動法を元にしています。

指で弾く動きも、手は前腕から、腕は肩から、肩は体幹から動きが連動します。

体の造りと動きのコントロールシステムを基に、その場で安定した姿勢としなやかな動きを取り戻します。

体本来の動きやすさを取り戻すことで、演奏しやすくパフォーマンスは拡がります。

 
感覚

体は身につけた動きを自動操縦でします。

力んだ奏法でも本人は力みを自覚できませんし、ゆっくり動いたところで同じ動きをします。

自動操縦から脱するには、動き具合に目を向け、筋肉や関節が動いていく運動感覚(身体感覚)に働きかけます。

手の動きも簡単な体の動きでも、この運動感覚や触覚の違いによって動きが変わります。

パーツの動きは主に聴覚が作ります。

聴覚に基づいた微妙なタッチの差ができたり、感情たっぷりに音量の巾を出せるように音に向かって自然な動きができるようになります。

 

《感情

自分では意識しませんが、心理が体に生理的に表れます。

ステージフライト、極度のあがりは意思でコントロールできない訳です。

また、音楽家が故障した場合、体の痛みだけでなく精神的な負担も大きくなります。

痛める多くの方が、背景にプレッシャーなど何かストレスを抱えていらっしゃいます。

 

悲しんだり苦しんだりネガティブな感情はよくないものと捉えて、受け入れず逃れようとします。

過去の出来事に延々こだわり辛さを長引かせたり、誰かのせいにしたりします。

湧いてくる感情を素直に受け入れ、味わうことで新たなステップを踏み出せたり、苦しいことを乗り越えることで、大きな成長や喜びはもたらされます。

 

《思考》

親や周囲の期待に応えようとしたり、一般的な考えの枠からはみ出さないよう自分を押し殺しがちです。

音楽家の中には子供の時からその独自性や創作性を周囲から理解されず、傷つき自分を低く考えてしまいます。

「自分は〜だから」「自分は〜でなければならない」と思い込んでいるところから、枠を外すと、とらわれのない本来の自分に気づきます。

自分が悩んだりストレスに感じている問題は表面的な出来事なので、根本からアプローチしないことには本当の解決に至りません。

自分で自分の考え方に気づいたり、考えを拡げるお手伝いをします。

 

動き、感覚、感情、思考が相互に絡んで、脳神経系に変化を及ぼし、動きや精神力を向上させます。

体の各部位へも影響し、健康も向上します。

 

痛めたときは、体だけでなく自分を見直す大きなチャンスです。

技術に対するいくつもの壁が取り払われると、個性や創造性を発揮できます。

体と心に自由をもたらし、自分のビジョンへ自分を磨いて人生を深めていけます。

 
コースのご案内

《期間》

・3ヶ月コース

軽度の体指導、奏法改善、主に~20

 

・5ヶ月コース

動きの神経回路を書き換えたり、効果を大きくするために、継続し時間をかける方がいいです。

体のかたさやゆがみを無くしたり、パーツの動きをリセットするには、40代の方で最低4ヶ月はかかります。

 

《内容》

内容;体指導、動きの改善、ご相談等含め、個人に合わせて必要なことをやっていきます。

場面に適したエクササイズ法やイメージトレーニングのやり方なども指導します。

 

直接指導;1、2回

セッション;1、2回

身体的な指導しない時は、スタジオ以外のオンラインかラウンジでセッションします。

 

メール無制限

 

《料金》(税別)

・3ヶ月コース ¥150,000 

・5ヶ月コース ¥240,000

 

受けた方のご感想

トレーナー紹介

音楽家専門パーソナルトレーナー進藤浩子

19年間医療に携わった後、2011年から音楽家に体指導やケアを行っています。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギターをやっていました。

医学を基に療法や身体技法に加え、自らの故障やバレエの経験も含めて、音楽家の体の奏でやすさを追求しています。 

アラフィフにしてクラッシックバレエを再開、ストレッチを頑張っても動きを取り戻せなかったが、簡単な運動で動きやすくなった経験から、力や角度など体育的な発想でなく、体が動く原理を大切にしています。 

痛みや動きにくさを習慣となっている動きから根本的神経学的に改善し、さらに能力を向上できることを目指します。

広島出身
日本キネシオテーピング協会認定トレーナー 
パーソナルトレーナーNESTA認定 

≫ 詳しいプロフィール

お申し込み

 

お問い合わせページからお願いいたします。

 

最後に

「同じやり方は同じ結果を生む。

違う成果が欲しいなら、違う行動をするしかない」

アインシュタインの言葉です。

違う動き、違う人生が欲しいなら、違う動きや違う考え方をする必要があります。

 

誰でも、生きていると困難やストレスは避けられず、気力を失うこともあります。

行き詰まったり不安になったり、自信を失くす事もあります。

痛みや不調を抱えたり、あきらめたりする人の助けになります。

問題を抱えていなくても効果は出ます。

動きやすい体で思い通りに奏で、明るく希望に満ちた人生を送ってください。